JAのこと

概要

名称 ささかみ農業協同組合
設立 平成6年7月1日合併

役員について

ご挨拶

清田 壽一

代表理事組合長  清田 壽一(せいた ひさいち)

 この度は、JAささかみのホームページにアクセスしていただき、まことにありがとうございます。組合員の皆様におかれましては、いつも農協運営にご協力賜わり感謝申しあげます。
 JAささかみは、平成6年に旧・笹岡農協と旧・神山農協が合併し誕生しました。当JAは地域一丸となって環境創造型農業に取り組むことで生物多様性農業を推進し、安心・安全な農産物の生産に取り組み、消費者に生産者の思いを伝える活動を継続して行っております。今後も産直を中心とした販売に努めてまいります。また、園芸作物の生産拡大も目指し、方針提案と支援策を設け農家所得の確保に向けた取り組みを強化していきます。
 日本の農業情勢については先行きが不透明であり、多難が予想されますが、皆様の営農と生活を守る協同組合として地域の方々に信頼される組合を目指して、役職員一同事業運営を進めてまいりたいと思いますので、ご指導、ご協力をよろしくお願い申しあげます。

本所所在地

住所 〒959-1919
新潟県阿賀野市山崎58番地
電話番号 0250-62-2410
FAX 0250-62-1426

事業規模

事業量

平成30年1月31日現在

出資金 5億1,727万円
貯金 113億9,616万円
貸出金 26億6,842万円
共済保有高 661億3,341万円
購買品供給高 9億5,177万円
販売品販売高 16億4,066万円

事業地域

笹神地区(阿賀野市水原地区一部、日の出町、千原を含む)

組合員数

平成30年1月31日現在

正組合員個人 1,413名
准組合員個人 421名
准組合員団体 52名
合計 1,886名

機構図

機構図

ディスクロージャー誌

産直・交流

 水田転作制度施行後、笹神村は転作制度に村をあげて反対し、転作達成率が全国ワースト1となる。
 それを聞きつけた生協(旧、北多摩生協)代表者の方々が、米の取引産地を求めて当村を訪問したことがきっかけとなり、お互いに行き来する人的な交流が始まる。

交流事業の歴史の詳細はこちら

まんまくんのご紹介

 JAささかみのマスコットキャラクター「まんまくん」。ささかみの各地にいるから探してみてね!

まんまくん

ページトップへ